エバニューアルコールストーブ

All About Alcohor Stove

アルコールバーナーセット アルコールバーナーセット・ゴトク チタンアルコールストーブ

アルコールストーブとはどんなもの?

アルコールを燃料に使い、お湯などを沸かすことができるコンロ。
ガスバーナーに比べとても軽量・コンパクトで、燃料も手に入れやすいのが特徴です。

アルコールストーブはどんな風に燃えるの?

真ん中の大きな穴に燃料用アルコールを注ぐと、底部近くにある小さな穴から外周部に入っているガラスウールにアルコールが浸透します。
真ん中の部分に火をつけると、その熱で外側に浸透したアルコールの気化が進み、やがて火力が安定し本燃焼します。

チタンアルコールストーブ

アルコールストーブはどんな時に使うの?

アウトドアシーンで、のんびりくつろぎながら温かいものを食べるのは至福のとき。小さく軽いアルコールストーブをザックに忍ばせておけば、手軽に外ごはんや山ごはんが楽しめます。

燃焼時間の長いステンレス製は、コーヒーやラーメン、炒め物だけでなく、スープや鍋にもじっくりチェレンジできます。

また、「お湯を早く沸かす」ことに特化したチタンアルコールストーブは、330mlの水を沸騰させるまで、わずか3分ちょっと。素早い食事が必要な場面でも活躍します。
※沸騰までの時間は使用状況により変わります。

チタンアルコールストーブ

アルコールストーブのメリットは?

とにかく軽量コンパクト!
マグカップの中にストーブと必要な機器一式が収納できてしまいます。
また、シンプルな構造なので壊れにくいです。
燃焼音が静かなので、周りの雰囲気を壊すことなく使用できます。

ガスバーナーの場合、燃料は専門店などで入手する必要がありますが、アルコール燃料はドラッグストアなどで手軽に安く入手できます。
また、使いかけのガスカートリッジがたまったり、ガス切れの予備のために余分に持つ…というような面倒もありません。

アルコールバーナーとガスバーナーのサイズ比較 アルコールバーナーとガスバーナーのサイズ比較

アルコールストーブのデメリットは?

ガスバーナーに比べると火力が強くないので、お湯が沸くまでの時間がやや長くなります。
とはいえ、400mlが4分弱~6分程度なので、周りの景色や雰囲気を楽しんでいる間に沸いてしまいます。

また、直にカップを載せると火力が弱くなる・風が吹くと炎が流れることがありますが、それぞれゴトク・フーボー(風防)の併用で快適に使えます。

アルコールストーブでどんなものが調理できる?

コーヒー、お茶、スープなどの温かい飲み物や、カップラーメンなど「お湯で調理できるもの」なら何でも作れます。
燃焼時間が40分のステンレスなら、じっくり時間をかけて鍋やスープなどの煮込み料理にも挑戦できます。

アルコールバーナーでの調理例 アルコールバーナーでの調理例

アルコールストーブはどうやって使うの?

まず燃料のアルコールを充填し、点火します。
続けてゴトクとフーボーを一緒にセットすると、熱効率を高められるのでおすすめです。
ゴトクの上にクッカーをセットして、あとはお湯ができるのを待つだけです。

アルコールバーナーの使い方 アルコールバーナーの使い方 アルコールバーナーの使い方

アルコールストーブをもっと便利に使えるガジェット達

ゴトク
ストーブの穴をクッカーでふさがないので、熱効率が良くなると共に安定感も増します。
フーボー
炎が風で揺らぐのを防ぎ、クッカーにしっかり熱が伝わるようにします。
スタンド
小さなウッドストーブとしても機能する、多用途のストーブスタンド。
ドリップリング
ライターでは付けにくい火を簡単に付けられるガジェット。カップに載せてコーヒーのドリップにも使えます。
便利なガジェット 便利なガジェット

エバニューのアルコールストーブのラインナップ

アルコールバーナーセット

まずは使ってみたい!エントリーモデル

アルコールバーナーセットEBY249
¥2,640
ステンレス製。火力を調整できるフレームアジャスターが付属します。
アルコールバーナーセット・ゴトク

しっかり使いたい!ゴトク付きのセット

アルコールバーナーセット・ゴトクEBY250
¥2,530
ステンレス製。コンパクトに分解できるゴトク付きセットです。
チタンアルコールストーブ

とにかく早くお湯を沸かしたい!

チタンアルコールストーブEBY254
¥4,180
330mlの水が3分ちょっとで沸かせます。
特集一覧 ▶